ビジネスコラム

個人で事業を始めるときに必要なこと

beginning-1167082_1280

 

 

新潟県で活動しているホームページクリエイターの山後です。

 

今日は「個人で事業を始めるときに必要なこと」ということについてお話しします。

 

 

個人事業を始めるにあたって、必要なことは何でしょうか。

 

セミナーに通うこと?

 

本を買って勉強すること?

 

ホームページを作ること?
私の中では、これらはもう少し先のことだと考えています。

 

では、何でしょうか。

 

 

それは、

 

「やろうと思っていることが本当に自分がやりたいことか」

 

と考えることです。

 

 

「やりたいことが見つかっていないけど、独立したい」と言う人がいます。

 

個人的には、そのような場合はもう少しゆっくり考えてみたほうがいいと思っています。

 

というのも、個人でビジネスを始めるとその分野の嫌な面がたくさん見えてくるからです。

 

例えば、整体師として患者さんを施術したい人がいたとします。

 

患者さんと接し、体を治してあげることには非常にやりがいを感じることでしょう。

 

しかし、個人でビジネスをする以上、数字の計算や集客等、施術に関係ないことも頑張る必要があります。

 

いきなり会社化して利益を上げることができる人はそうそういないので、どうしても自分でやらざるをえなくなります。

 

得意ではないこと、好きではないことをやっていると、自分のビジネスに対して「本当にこのままでいいのか?」と疑ってしまいます。

 

そして、次第にモチベーションが下がり、収益も下がり、失敗してしまいます。

 

 

どんな好きな仕事でも、必ず嫌いになる時期は来ます。

 

人には慣れていないこと、苦手なことがあるのでどうしても仕方がないことです。

 

 

それでもルーティンワークとしてこなせるようになってくれば、少しずつ苦痛に感じることは減ってきます。

 

最初のうちは嫌だと思っても、続ける覚悟が必要です。

 

そのようなことを考えると、やはり好きなことを仕事にした方がいいと思います。

 

今勤めている会社を辞めてまでやろうとしているのであれば、好きなことを仕事にしたほうが断然いいです。

 

 

嫌いなもので稼いでも、幸せにはなることはできませんしね。

 

だからこそ、自分でビジネスを始めるときは自分と向き合い、今の想いをもう一度考えてみてください。

 

そして、やりたいことの方向性が見えて来たら周りの人に相談してみたり、すでに独立して活動している人の話を聞いてみてください。

 

一人で考えていても、途中で訳が分からなくなってしまうこともあるので、人に話すことは定期的に行ったほうがいいでしょう。

 

話すことで自分の考えがまとまりますし、相談されると、相談者は質問に対して答えをくれます。

 

同じ質問をしても真逆の答えをくれることもあるので、その答えをどう受け取るかはあなた次第です。

 

これらを繰り返して、方向性がまとまった状態でセミナーに通い始めると非常に効果が高まります。

 

ぜひとも、自分と向き合い、やりたいことを明確にしてください。

 

 

 

メールマガジン配信中!

Webマーケティング&ホームページ
売れるためのノウハウを教えます!

-ビジネスコラム