ビジネスコラム

起業する分野を決めよう

%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%88%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%a0_%e9%81%b8%e6%8a%9e

 

新潟県で活動しているホームページクリエイターの山後です。

 

今回から「起業を成功させるために」をテーマにブログを更新していきたいと思います。

 

現時点では今回を含め、全16回を予定していますが、ブログを書いていくうちに増えたり減ったりするかもしれません。

 

これから起業したいと思っている方は、参考にしていただければと思います。

 

できる限りわかりやすくまとめていこうと思いますので、お付き合いください。

 

 

今日は「起業する分野を決めよう」をテーマにお話しします。

 

あなたは、なぜ起業したいと思いましたか?

 

上司、部下、同僚との人間関係が嫌になったから?

 

仕事が辛いから?

 

給料に不満があるから?

 

 

考えは人それぞれなので、起業したい理由も一人ひとり違っていてもいいと思います。

 

 

 

では、どの分野で起業しますか?

 

この質問をすると、漠然と「起業したい」と思っている人は、答えに詰まってしまうことが多々あります。

 

それは、「起業すると時間に余裕がある」とか「好きな人とだけ付き合って仕事をしたい」とか「軌道に乗れば儲かる」と言った理由で「なんか、起業っていいなぁ」と考えている人が多いからのように思います。

 

しかも、漠然と起業に憧れている人たちは、どんな分野で起業したいかわかっていない人たちが多いです。

 

「これから起業したい」という人たちへ質問です。

 

どのような分野で起業したいですか?

 

細かくしすぎるとキリがないので、なんとなくの方向性だけでいいです。

 

レストランやラーメン屋やカフェのような飲食業?

 

服や雑貨等の販売業?

 

税理士や公認会計士や司法書士・行政書士といった士業?

 

それ以外にもアフィリエイトやネットワークビジネスなど、様々なものがあります。

 

どのような分野で起業したいか、考えてみてください。

 

 

このブログを読んでいる人たちは起業したての人も多いので、その人たちにも質問です。

 

なぜその分野で起業しようと思ったのですか?

 

家業を継いだから?

 

好きだから?

 

以前勤めていたところからの独立?

 

得意分野を生かしたいと思ったから?

 

起業したいと思ったときのことを思い出してみてください。

 

 

 

起業する場合、以下のどれかで選ぶように勧めることが多いです。

  • 好きなことで起業する
  • 得意なことで起業する
  • 稼げる分野で起業する

 

どちらも利点がありますので、少し解説します。

 

好きなことで起業する

好きなことで起業することのメリットは、モチベーションを維持するのが楽な点です。

 

好きだから頑張れる、好きだから楽しめる、ということは多いと思います。

 

「好きこそ物の上手なれ」という諺もある通り、成長して世の中の役にたちたいというのであれば好きであるものを選んだ方が良いでしょう。

 

好きなことをやっていても、一時的に嫌いにになってしまうこともありますが、「なぜそれが好きになったのか?」という、自分の原点に戻れば、モチベーションが復活することもあります。

 

「お金を稼ぐ」ということを考えると、「つまらない」と感じてしまうことも多いんですけどね。

 

 

ピーター・ドラッガーは、「企業にとって第一の責任は、存続することである」と言っています。

 

個人で起業する場合も、同じことが言えます。

 

ビジネスをする以上、存続することをがとても重要です。

 

存続させるためには、お金も確かに必要ですが、それ以上にモチベーションが大切です。

 

だからこそ、好きなことを仕事にすることをオススメしているのです。

 

 

得意なことで起業する

得意なことで起業することのメリットは、最初の1円を稼ぐまでの時間が短いことです。

 

このような場合は、前の仕事や現在の仕事で専門的な知識を持っていることが多いです。

 

実際に「以前の仕事でやっていたから」という理由や「専門家としての仕事への報酬」として、お金を受け取りやすくもなります。

 

日本人はお金を稼ぐことについてアレルギーがある人がたくさんいるので、善意でやってあげたことに対してお金をいただくことが悪いことだと思ってしまう人がいます。

 

しかし、生活していくためにお金は必要です。

 

なので、少しでもアレルギー反応が少ない「得意分野」で起業する方が成功への近道となるのです。

 

 

稼げる分野で起業する

大きく稼げる分野で起業することのメリットは、資金面での不安がなくなることです。

 

事業をやるにしても生活するにしてもお金は必要です。

 

資金面で不安があると、「人のためになる」よりも「お金を稼ぐ」ことに重点を置いてしまうので、仕事も人間関係もギクシャクしてしまいます。

 

せっかく今まで構築してきた人間関係を壊してしまうくらいなら、まずは十分な資金を貯めてから本当に好きなことをやってもいいと思います。

 

 

ベストは全てが重なる所

それぞれの長所を見てきましたが、全てが重なるところで起業するのがベストです。

 

お金を稼ぐまでの時間が短いし、モチベーションも維持しやすいし、資金面にも苦労しなくて済む。

 

もし、これら全てを網羅できるようであれば、是非とも起業して成功してもらえればと思います。

 

とは言っても、起業を志している段階でこれら全てが重なっているものを見つけることは難しいので、私は以下の順で優先順位をつけることをオススメしています。

  1. 好きなことで起業する
  2. 得意なことで起業する
  3. 稼げる分野で起業する

起業して成功している先輩方や、他のコンサルタントの方の中にはこれらの優先順位が異なる人がいるかもしれませんが、私たちの最終目標が「幸せになる」ということであれば、まずは好きなことを頑張る方がいいと私は考えています。

 

分野が決まれば、その分野の中で何をやるのか、どのような人がその商品を欲しているのか等を掘り下げていきます。

 

それらについては、次回以降のブログで解説していきます。

 

以前のブログで、「起業ネタの考え方について」をテーマに書いています。

 

興味のある方は、こちらもご覧ください。

 

 

今回のブログはこの辺で。

 

次回のブログでお会いしましょう。

 

 

メールマガジン配信中!

Webマーケティング&ホームページ
売れるためのノウハウを教えます!

-ビジネスコラム