ビジネスコラム

きどにたちかけせし衣食住

 

新潟県で活動しているホームページクリエイターの山後です。

 

今回は「初対面の相手との話題に事欠かないテクニック」というテーマについてお話しします。

 

 

 

「きどにたちかけせし衣食住」

 

「いきなり何の呪文?」と思われた方もいると思います。

 

宗教的な話ではないので、どうかついてきてください。

 

これは、「コミュニケーションの話題にすると良い」とされているものです。

 

完全に覚える必要はありませんが、覚えておいた方がいいと思うので、もう一度呪文を唱えます。

 

「きどにたちかけせし衣食住」

 

 

では、ちょっと解説していきましょう。

 

きどにたちかけせし衣食住

呪文のようなこの言葉。

 

一体、何を意味しているのでしょうか。

 

き・・・・・・気候

ど・・・・・・道楽

に・・・・・・ニュース

た・・・・・・旅

ち・・・・・・知人

か・・・・・・家族

け・・・・・・健康

せ・・・・・・性

し・・・・・・仕事

衣・・・・・・衣類

食・・・・・・食べ物

住・・・・・・住まい

 

なるほど。

 

確かにこれらを話題にすれば、相手に不快な思いをさせずにコミュニケーションが取れそうだと思いませんか?

 

 

 

「初対面の人と会話するとき、天気の話をすれば間違いない」

 

こんなことをどこからか聞いて、実践している人もいるのではないでしょうか。

 

「今日は天気がいいですね」とか「今年の冬はいつもより暖かいですね」という話題は事実であり、その事実の話をしたからといって相手が不快になることはありません。

 

一番当たり障りがないという理由から、天気を話題にする人が多いのです。

 

これらを使って相手に質問してみよう

「きどにたちかけせし衣食住」の話題で、相手に質問してみましょう。

 

例えば、初対面の人と会話して場を和ませる場合、「Jリーグが開幕しましたよね?」というような話題から入ります。

 

サッカーに興味がある人がいたら、「そうですね。◯◯にはがんばってもらいたいですね。」というように会話に乗ってきてくれるかもしれません。

 

「会話が弾めばいいじゃん。サッカーに興味がなかったらどうするのさ?」という人もいるかもしれませんが、それも問題ありません。

 

「サッカーは詳しくないんですよ。私はインドア派なんで。」と言われたら、チャンスです。

 

「インドア派って、どんなことがお好きなんですか?」と質問すればいいのです。

 

すると、好きなことをしゃべってくれて会話が続く。

 

相手が「嫌だ」オーラを出していなければ、結構長時間会話は続けることができます。

 

コミュニケーションというのはゲームみたいな一面があります。

 

1回でトークの達人になれる人はいませんが、ポイントを掴んで何度か実践してみれば初対面の人と一緒になっても会話が怖くなくなります。

 

人と話す努力をしよう

前回のブログ「夢を目標に変える方法」でも書きましたが、夢を明確にするためには人と会話をすることが必要不可欠です。

 

といっても、いつも同じ人に話をしていてもあまり意味がありません。

 

友人だったり、家族だったり、ビジネスパートナーだったり、セミナーや勉強会で知り合った人だったり。

 

いろいろな人と話をしなければ、多くの意見は集まりません。

 

「人見知りだから」とか「コミュ障だから」という理由で知らない人との会話を恐れていては、本当にやりたいことを実現するのは正直言って難しいです。

 

「初対面の人と話をしても、すぐに話題がなくなっちゃうんです」という人も多いのではないでしょうか。

 

そういうときは、「きどにたちかけせし衣食住」を話題に、相手に質問してみましょう。

 

「自分の話をするんじゃないの?」という人もいるかもしれません。

 

会話の中で自分が話す順番になったら話せばいいですが、私の経験上、自分が聞き役に徹し、基本的に相手に話してもらった方がうまくいくことの方が多いように思います。

 

殻に閉じこもっていても、うまくいくことはありません。

 

どうしてもやりたいことがあるなら、なるべく外に出て、多くの人と会話するようにしましょう。

 

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

 

こんなブログを書いている私も、初対面の人と会話をするのはそれほど苦痛ではありませんが、それほど好きでもありません。

 

だって、トークが弾むように相手の顔色を伺いますし、会話のどこにヒントが転がっているかわからないからきも使いっぱなしですから。

 

それほどコミュニケーションが得意でなかった私も、それなりに話せるようになったのは多くの人と会話をしてきたからだと思います。

 

そして、多くの人と会話をしてきたからこそ、仲間や応援してくれる人も増えてきたんだと思います。

 

人と会うことを怖がらずに、積極的に外へ出ましょう。

 

 

P.S.

この度、情報発信セミナーを開催します。

 

「セラピスト向け」という名前にはなっていますが、どの職業の人にとっても有益なセミナーになること間違いなしです。

 

セミナー講師は、岸本達也先生と剣持太智先生です。

 

私も短い時間ながらお話しさせてもらいます。

 

人と会話をして、自分の考えを伝えることも情報発信です。

 

ぜひお越しください。

 

セラピLink主催 セラピストのための情報発信セミナー

 

 

メールマガジン配信中!

Webマーケティング&ホームページ
売れるためのノウハウを教えます!

-ビジネスコラム