ブランディング

ブランディングする意味とその必要性

20160917_10

起業して仕事をするときに「ブランディングが大切」という話をよく聞きます。
そもそもブランドとはなんでしょうか。
Wikipediaでは「ブランドとはある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。」としています。
つまり、ブランディングとは「他の商品と自分の商品の違いを明確にし、自分の商品の価値を高めること」です。
ブランディングすることで、これらのことが見えてきます。
他と同じことをやっているだけでは、価格競争になってしまいます。
価格競争は資本力がある大手企業には勝てないので避けるべきです。
価格勝負ではなく、価値があるものを提供していく必要があります。
ブランディングは成功するために必要となる要素なので、学ぶだけではなく、実際に行動に移してください。

 

ブランディングする上で重要なもの

20160917_08

一言で「ブランディングする」と言っても非常に奥が深いため、この中だけでは語りつくせません。
一つ一つじっくり学びたい場合は、書籍も多数出ていますので、何冊か読んでみるのもいいでしょう。
「本を読んでいる時間ががない」「一人で探すのは難しい」という人たちへ注意すべき点をまとめてみました。

分野を絞る

新たに起業しようとしている人たちがすでに起業して実績のある人たちと同じ規模、同じ内容で商品を提供することはできません。
そのため、分野を絞り、ターゲットを絞り、小さいところからスタートすることが大切です。
起業したての人は無名な人たちばかりです。
起業していきなり大企業の経営をできる人はいないので、誰もができるところからスタートしているのです。
小さいところからスタートすることがブランディングの第一歩なのです。

自分の商品を知り、他社の商品を知り、市場を知る

提供する分野が決まったら、その商品の需要を知る必要があります。
あなたが提供する商品が社会に求められているのか、提供する価格は高いか安いか、競合はどれくらいいるか、など調べることはたくさんあります。
あなたが提供する商品の市場を調べた結果はどうでしょうか。
需要は多いですか?少ないですか?
競合は多いですか?少ないですか?

需要が多い場合は、基本的には競合もたくさんいます。
その結果を知って愕然とした人もいるのではないでしょうか。
競合が多い場合、その中からどのように世の中に知ってもらうかは大変かもしれません。
しかし、見方を変えれば成功事例もたくさんあります。
そのような場合は、かたっぱしから成功している競合のやり方を調べて、イイトコ取りをしてしまえば、成功する可能性は高まります。
競合が多くても成功している人はいるのです。
最低でも20社くらいのホームページを見て、その中でいいと思ったものをチョイスすれば自分のオリジナルメニューが出来上がります。
参考にするところが少ない状況でマネをするから、「マネ」と言われてしまいます。
多くのところから少しずつマネをすると、それは「個性」に変わります。
競合が多い場合は成功しているところをたくさん調べましょう。

需要が多く競合が少ない場合は、特定の企業の独断になっていることがあります。
その場合は、類似業界をたくさん調べましょう。
「結局調べるのか?」と思われた方もいるかもしれませんが、その通りです。
ブランディングは「知る」ことから始まるのです。
同業種の競合や類似業界の競合を知ることで、あなたが入ることができるスペースが見えてくることがあります。
知ることは次に説明する差別化にも関係してきますので、あらゆるものについて知る努力をしてください。

需要が少なく、競合が多い場合はどうしたらいいでしょうか。
この分野に飛び込むことは正直お薦めしません。
というのも、このような状況では価格競争に陥ってしまっていることが多いからです。
どうしてもやりたいのであれば、競合のトップを調べあげ、「それらより立地条件が少しだけ良く価格も少しだけ安い」「首都圏でしかやっていないようなサービスを地方で行う」というような駆け引きで勝負しましょう。

需要が少なく、競合も少ない場合はどうしたらよいでしょうか。
競合が少ないので、特定の分野においてトップになる可能性は十分にあります。
しかし、「需要が少ない=認知度が少ない」ので、見つけてもらえない可能性もあります。
あなたのサービスが社会に認知され、お客様の元に届くように、様々な事例を調べてみる必要があります。

差別化する

市場を調査したら、それを差別化しましょう。
競合が少ない場合であっても、資本力がある企業には敵いません。
差別化することで、一騎打ちを避けることができるようになります。
競合が多い場合は、他ブランドを含めマッピングすると、差別化できる要素が出てきます。
例えば、ビールといえばキリン、アサヒ、サッポロが有名です。
スーパーに並ぶビールを比べれば、これらの会社には敵いません。
しかし、地方限定のクラフトビールだったり、値段を抑えた発泡酒、逆に価格を上げたプレミアムビールで勝負しているところもあります。
あなたが勝負したい土俵で、あなたが提供できる商品を見極めましょう。
ここで注意してほしいのは、競合がいないからといって、やりたくもない分野で勝負してしまうことです。
起業し成功することを目指しているのであれば、自分が好きなこと、やりたいことで勝負することが一番です。
差別化と合わせて、本当に勝負したいものについても考えるようにしてください。