ビジネスコラム

ホームページって何だろう

 

新潟で活動しているホームページクリエイターの山後です。

趣味は人間観察、特技は忖度(そんたく)です(笑)

 

そういえば、「ホームページってどういうもの?」っていうのをお話ししていなかった気がします。

なので、今日はホームページについてお話しします。

今回の内容だけでは終わらないと思うので、継続してお伝えしていければと思っています。

 

私の場合、「ホームページを作ってほしい」という依頼を受けます。

本業としているから当然といえば当然なのですが…

ホームページを作る際、最初にあまり語らず「どういうサイトにしたいですか?」という質問をするようにしています。

そうすると、ほとんどの方の場合、特にビジョンがあるわけではありません。

「プロなんだから、カッコいいHPを作ってくれるんでしょ!!」と思われているようです。

 

確かに、デザインはカッコいいものに仕上げるのは簡単です。

でも、どのようなコトを伝えたいか、商品コンセプトはどういうものかを明確にしていないと、いいホームページにはなりません。

情報収拾のため、多くのサイトを見ます。

ネットサーフィンが好きな人からすると、「ネットサーフィンするのが仕事」って夢のような仕事なのかもしれませんね(笑)

話が脱線しそうなので、戻します!

多くのサイトを見ていると、「これはスゴイ!!」というサイトもあれば、「カッコいいけど、中身薄いな。。。」と思うものもあります。

当然「中身はすごいけど、カッコ悪いし使いづらい」というサイトもあります。

ある特定の業種や業務に目を向けて検索してみると、きっとわかると思います。

このブログを読んだ後でいいので、自分が興味があるもので調べてみて、いろんな人のHPを見てみるといいでしょう。

 

ホームページって何?

ここでタイトルに戻ります。

ホームページって何でしょうか?

英語で書くと『Home Page』

つまり、「私の家」です。

 

「家なんだから作るのは自由だー!」って思う方もいるでしょう。

その通り!

どう作るかは自由です。

でも、なぜホームページを作ろうと思ったのですか?

人に来てもらいたくて作ったのではないですか?

 

あまり長引かせても仕方がないので、答えを言っちゃいます。

ホームページは、インターネット上の「お店」です。

お店である以上、商品をわかりやすく展示して、商品の魅力を伝えなければなりません。

でも、多くの人はそこが曖昧になってしまっているのです。

 

「そんなことは知っている」という方もいらっしゃるでしょうね。

でも、知識で知っていても、形として残せているわけではないのです。

 

商品を羅列しただけのページ

「これは何か?」っていう説明もなく掲載されている商品たち

 

実店舗と違って、手に取ってもらえないものだからこそ、効果的に伝えなければなりません。

どう伝えるかは、、、

まぁいろいろあります。

文章だったり、写真だったり、動画だったり、口コミだったり。

これらを駆使して、商品が持つ魅力を伝えなければなりません。

つまりは、「商品を伝えるためのツール(道具)」なのです。

 

どう伝えればいいの?

これに派生してしまうと、4000文字、もしくはそれ以上の文字数になりそうなので、ここでは概要だけ伝えます。

商品紹介をする場合、「お客様の視点から見て、『これはイイ!!!』って思えるように伝える」

これがすべてです。

「それが難しいだ!!」という怒りにも似た声が聞こえてきそうです。

でも、実際にはそれができていない人が多いのです。

 

何が、どうできていないのか?

多くの場合、「自分目線」になっていることがほとんどです。

「これは、こういう技術を使って、こういう人向けに開発された商品です」って言われて、ピンと来る人はいますか?

機械オタクや興味・知識があるものであれば、「スゲー!!!」ってなるかもしれませんが、知らない人の方が多いのが実情です。

 

じゃあ、どうすればいいか。

それは、「お客様が『この商品は欲しい』っていうように伝えること」です。

HPに記述する内容は、お客様目線でなければなりません。

 

ここで、多くの方が言うのがこの言葉。

「私、文章書くのが苦手なんです…」

 

結論から言います。

文章を書けなくても、魅力を伝えることは可能です。

それは何かというと、先ほどにも挙げた「写真」「動画」「口コミ」

絵が描ける人は絵でもOKです。

 

中でも「口コミ」は100%客観的な意見です。

情報操作している人もいるかもしれませんけどね(-。-;

Amazonや食べログ、Hot Pepperなど、ネットで検索したものは、口コミやレビューを読んでから決めませんか?

それは「口コミ客観的な意見だから」という理由からです。

 

ホームページを作る際には、「客観的に見えるモノ」を存分に取り入れましょう!!

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

「概念はわかったけど、具体的に…」っていう人も多そうです。

でも、「具体的」っていうと、会って話をするほかないからなぁ。

どうやったらいいかアドバイスが欲しい人は、個別にご連絡ください。

 

まだまだ書く内容はたくさんあるのですが、流石に2000文字をオーバーになると読む方も大変だと思うんで、この辺でやめておきます。

この時点で2000文字を超えてしまったんですが…

ブログを書きたいときの熱量があると、軽く2000文字を超えてしまうのが私の悪いところ…

1000文字程度でいいから、毎日続けられるようにしないとですね。

 

次は何を書こうかな。

では、次回をお楽しみに。

 

 

メールマガジン配信中!

Webマーケティング&ホームページ
売れるためのノウハウを教えます!

-ビジネスコラム